一般バージョンとオプションのFXにはトレンド追跡に関する魅力の違いが

FXには、実は色々な種類があります。オプション取引やくりっく365など様々な種類がありますが、人々は前者のオプション取引に興味を持っている事も多々あるのです。
前者の商品は、一般バージョンのFXに比べるとルールは少々特殊になっている一面があります。どれだけ上昇しても、得られるものは同じになる事があるからです。
例えばオプションの取引には、上昇か下落かを予想をする方法があります。それである方が、上昇になると予想したとしましょう。
それでその方の予想通りに、外貨が上昇したとします。もちろんそれで、その方に対しては利益が生じる事になるのですね。
ところでその利益の大きさは、上昇の大きさと比例しない事が多々あります。例えば上昇が0.3円だった時と、0.8円だった時があるとしましょう。0.5円分もの違いがある訳ですが、オプション取引ではその差はあまり重要ではないのですね。あくまでも上昇するか否かが大切なのであって、その度合いはあまり重視されない訳です。
ところが一般バージョンの場合は、その度合いは大いに重要です。あまり上昇幅が小さいと、その分利益が小さくなってしまう事もあります。ですのでできるだけ大きく上昇するタイミングなどを考えるのも、一般バージョンでは大切なのですね。
そして、それはオプション取引のデメリットの1つでもあります。上記のような0.5円分もの上昇は、ちょっと勿体ないという意見もあるからです。それではトレール注文による利益追跡の面白味を堪能する事ができません。どれだけ上昇しても、利益額は同じだからです。
ところが一般バージョンの場合は、その逆指値の注文方法によって、トレンドを追跡して利益拡大を狙う事もできる訳ですね。それで大きく利益が増えることもあるのが、一般バージョンの面白さの1つと言えるでしょう。ですのでトレンドによって大きな利益を目指したいと思うのであれば、オプション取引よりは一般のFXの方がメリットが大きい一面もあります。

 

 

FXに付いての自分自身の経験してる話です。

 

FX投資では、自分自身の群資金で投資をしますので、まずは様々なFX会社が有りますので、入金額が少な目な所も中には有ります。銀行に残高が5万円預けている場合は、例えば、FX会社によっては、2万円の所も有り1万円の所も有り5千円の所も有りますので、FX会社を色々と調べる事も1つの群資金を活用する事が出来ますので、自分でどのFX会社が良いのかを確認して下さい。銀行に口座を開設してからFX会社に口座からクイック入金を行う事で、例えば、1万円の残高をFX会社に入金した場合は証拠金として、FXトレードが可能な状態になりますので、まずは
100円からスタートが出来ますので、1円より下の銭の動きからチャートグラフが、動いてますので、チャートグラフを観ながら?円高?円安をグラフチャートの動きに合わせて決めます。それから100円スタートなので、マイナス100円からプラス100円までの値動きが動きます。最初は100円設定になってますので、100円以上か100円以下の動きまでで、自動に止まります。
銭の動きが、少しづつ上がったり下がったりしますので、100円に満たない所で、決済をする事も可能ですので、安心してトレードが出来ます。仮に円高100円で賭けると50円上がりで決済をすると50円の利益です又仮に50円の下がりで決済をすると損益になります。そんな感じで、トレードを行います。100円設定を変える事も可能ですので、FX会社のシステムに応じて設定変更も可能ですので、残高が、多きく有れば、設定も多きく変えれますので、残高が、少ない場合は、最低限の100円設定でのトレードになりますので、所持金に応じて設定での変更が可能になります。後はグラフチャートを観ながら予測をして、自分自身で、円安か円高を選んで下さい。後は最初の通貨ペアは円からドルかユーロでの基本から始めて下さい。最初は必ず円からドルにユーロの選択通貨ペアで開始して下さい。情報量が豊富な為にドルにユーロが基本です。

こんにちは、私は30代の独身男性です。私の今後のFXの戦略について書いてみようと思います。

 

まず初めにすることは口座の開設です。口座の開設は大手の証券会社を選びます。その際、住所や免許書などが要りますが、これらは問題なくありますのでスムーズに開けると思います。

 

次にするのが資金の調達です。もちろん生活費は使いたくないので、必死になって貯金をします。はじめは20万円ぐらい貯めようと思います。

 

お金が貯まったら入金して取引します。しかし、やみくもに取引しても負けてしまうので、チャートを使います。チャートは単純移動平均線を使います。はじめは移動平均線がゴールデンクロスしたら買い、デッドクロスしたら売ります。

 

これができるようになったら今度はテクニカルチャートを活用していきます。使うテクニカルチャートはRSIとMACDです。

 

RSIは買われすぎや、売られすぎをチャートで表してくれます。売られすぎたら買い付けて、買われすぎたら売りさばきます。

 

MACDはよく説明できませんが、二本の線がゴールデンクロスしたら買いで、デッドクロスしたら売ります。単純移動平均線と併用しても良いと思っています。

 

後は他にもボリンジャーバンドというものがありますが、ボリンジャーバンドはいくつもの曲線があって自分的にはわからないので使いません。

 

これらを駆使してトレードができるようになったら、次は為替を動かすニュースを勉強します。

 

為替を動かすニュースが何時ぐらいに発表されるのかとか、その時、どこの国をマークしておけば良いのかです。

 

時にはこのニュースは特定の人物の発言である場合もありますので、各国の要人もチェックしておかなければなりません。

 

しかし、このニュースをキャッチする方法はどのようにすれば良いのでしょうか?私はそれには常に証券会社のニュースのページを確認する必要があると思います。

 

それと何より生テレビを見れる環境を作りたいと思っています。

続きを読む≫ 2015/11/20 09:27:20

金融会社によっては、ちょっと独自のサービスがあります。例えば電話のサービスなのですね。
金融会社は、必ずと言って良いほど電話番号を設置しています。FXの業界の場合は、それがフリーダイヤルになっている事も多いですね。通話が無料だけに、電話しやすいと思います。
ところでマネースクエアジャパンという会社も、もちろん電話番号があるのです。ちなみに会社の略称は、M2Jです。
そしてその会社の場合は、かなり独特な電話のサービスがあります。専門家の方によるコンサルティングを受ける事ができるのですね。
というのもその会社には、投資の情報に詳しい専門の方のスタンバイをしています。マネースクエアジャパンに対して電話をかけると、その専門知識が豊富な方によるアドバイスを受けられるのですね。プロの方からアドバイスを受けられる訳ですから、そのメリットは非常に大きいと思います。
ただしそれを利用するためには、ちょっと料金がかかるのですね。いわゆる有料サービスという事になります。
しかし私たちがこの金融商品に関する勉強をするとなると、書籍を購入する事もあるでしょう。書籍はもちろん有料になりますが、上記の電話サービスも有料になるのですね。電話の場合は直接質問できるので、ある意味書籍よりもメリットが大きいとも思います。
そして上記のような有料サービスがある会社は、非常に珍しいのですね。FXの会社は、他にも沢山あります。そしてたいていコールセンターがあるのですが、投資の知識が豊富な方からアドバイスが受けられる会社は、めったに見られるものではありません。あくまでも画面の操作方法など技術的なサポートに終始するセンターが多いのですが、この会社の場合は売買に関する実用的なアドバイスを受けられるのですね。ある意味それは、マネースクエアジャパンの大きな特徴の1つと言えるでしょう。
ですので専門家の方からアドバイスを受けたいと思うのであれば、M2Jという会社は個人的にはおすすめです。

続きを読む≫ 2015/09/24 07:53:24

私はある時から、マネースクエアジャパンという会社に興味を持つようになりました。略称はM2Jです。
いわゆるFXの会社の1つなのですが、そこはとても優れたサービスを提供していると思います。トラリピと呼ばれるサービスがあるのですね。いわゆる自動売買の1つになります。
トラリピというのは、いわゆるIFD注文の連続ですね。IFOではありません。ひたすらIFDを連発する方法なのですが、それを自動的に行う事ができるのですね。
私はこのマネースクエアジャパンという会社のホームページを見た時に、ちょっと衝撃的な情報を知ったような感覚になりました。この会社の公式サイトには、とても有益な情報が記載されているのですね。
上記のようなIFDのやり方には1つデメリットがあって、リスクがポイントになってくるのです。自分の思い通りに動けば良いですが、当然FXにはリスクがあるのです。どうすればそのリスクをカバーできるかに関して関心を持っている方は多いと思いますが、M2Jの公式サイトにはそれに関する大きなヒントが記載されていたのですね。そのヒントとトラリピの記載内容に関して、とても感動した覚えがあります。まさかそのようなやり方があると思っていなかったからです。
つまりこの会社はとても良い情報を提供してくれている訳ですが、前述の自動的の方法が一番メリットが大きいと思います。なぜなら忙しい方でも、売買をする事ができるからです。
そもそも会社の仕事が忙しいサラリーマンですと、なかなかパソコンの前に張り付く事もできないでしょう。むしろそれは不可能だと思います。ところがM2JのFXのシステムでは、たとえパソコンの前を離れていても売買をする事ができるのですね。しかも、それがとても合理的なのです。簡単にはロスカットになりません。
ちなみにM2Jのシステムを用いると、年間100%の利益発生する事もあるようですね。ランキングなどに、それが掲載されているのですが。情報の優秀さと自動的なシステムという2つの意味で、M2Jはとても良い会社だと思います。

続きを読む≫ 2015/09/24 07:53:24

私たちは、たまにFXでコールセンターに電話をする事があります。電話をする機会も色々ですが、やはり一番多いのが操作方法ですね。特に会社の乗り換えをしたような時には、電話をするケースが多々あります。今までと全く違う会社のシステムを使おうとなると、色々と操作方法に関する質問も生じるものだからです。それでセンターに電話をするケースも、決して珍しくありません。
ところでセンターの方とやり取りをするとなると、やはりその担当の方の対応の善し悪しなどは大きなポイントになるでしょう。できるだけ感じが良い方の良いと思うのが、自然ではないでしょうか。感じが悪いオペレーターの方の対応するというよりも、むしろ丁寧に接してくれるオペレーターの方が、気持ち良く会話する事ができると思います。オペレーターの対応の善し悪しは、案外と大切なのですね。
ではどのような会社であれば対応が優れているかと申しますと、その1つがマネーパートナーズです。いわゆる上場会社の1つなのですが、私は何回かその会社のコールセンターに電話をした事があります。ちなみに私はその会社で、既に口座を持っているのです。
その会社のオペレーターの方は、総じてとても熱心だと思いますね。話していて、何となくエネルギッシュな雰囲気を感じます。今まで他の会社のコールセンターにも電話をした事があるのですが、それと比べるととても熱心な雰囲気で、とても感じが良いですね。
またそのオペレーターの方々は、ヒアリング能力にも長けていると思います。こちらの伝えたい事が伝わりやすいので、金融関連に関する知識が豊富なオペレーターの方も多いのかなと思うのです。
思えば電話対応は、会社の顔という意見もあります。電話対応が優れている会社は、それだけ良いサービスを提供している事が多いのです。実際確かに、マネーパートナーズは良いサービスだと思うのですが。電話対応のクオリティーがとても良いという意味で、その上場している会社はおすすめですね。

続きを読む≫ 2015/09/24 07:52:24